みんなー?仮想通貨は好きかい?

2018/08/08 仮想通貨界は空前絶後、前代未聞、七転八起の危機に陥っていた。

XRPちゃんが50円くらい→38円まで下がった。

セリクラだった。本当にセリ蔵だった。金の蔵ではない。セリ蔵だった。

2018年に入ってから上がっては下がってを繰り返す日々の中、人々はその上下に慣れていった。
まるで🐸さんがぬるま湯から熱湯になる間に茹で上がるかのようにゆっくりと確実に死んで逝ったのだ。

そしてみんなの期待を背負った8月上がるという説がでてきた所で大きく下げた。

今年一番の下げだった。

その下げを見て多くの人間が動揺して同様して闘争して逃走して退場していった。
仮想通貨は自己責任。
バブルになっていた2017年を幻想しすぎたのだ。

その日、金無金策(55歳)はゴミ箱に捨ててあった日経新聞を読んでいた。
2018/8/10 金融庁が取引所は詐欺だと同然の情報を公開したのだ。
金無金策は幼い頃からお金がなかった。
両親はセリ蔵に巻き込まれてびっくりするほどユートピアに旅立ち、一族は打ち首獄門張り付けの刑に処された。
何が起きたか把握する間もなく個人情報は流出し、反社に反射的に駆逐されたのだ。
そんな遅ろしいディストピアで暮らしていた金策は諦めの境地だった。
この世は地獄極楽心の持ちよう。だとはとても思えないぐらい過酷な日々に心を無くしていた。
感情なくしたとかよくネットで話題になるアレである。

何から伝えればいいのかわからない金策はまず、アラブの石油王に連絡をとった。
浮かんでは消えていくありふれた言葉。
アラブの石油王があまりに金持ちだったので素直にお金かしてって逝ったら黄昏れた。

無心である。

せつないけどお金貸してもらえなかった。
そもそも会えなかったのである。
インドの子供がなりたいものに慣れなかったのだ。
明日になればアラブの石油王もきっとお金を貸してくれるだろう。
そして金策は眠りにつき、天国へ旅立った。

はやくお金持ちになりたい。その気持だけで生きた人生だった。
月に涙を流す貧乏人なのさ・・・。
くらい運命を吹き飛ばしたかったのだと思う。

そして☆に願いをかける。
早くXRPがmoonしますように!
早くXRP100万円になーれ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました